言ノ葉 ~死生観~

4477808625_a90faf8600

時を止めたいと思ったことはないだろうか

観たくないもの

信じたくないもの

何もできなくて

生きることが難しくて

そして

自分の無力さに茫然とするとき

その瞬間

胸に渦巻く想いに 芽生えるのは

人に絶望しながらも、どこかで渇望している人の愛

どんな時も必要なのことは 大切なものに気づくことだけ

それが愛だけだと 分かっていたら

全てがそれだけだったと 知っていたら

こんなに苦しくは無かっただろうに

それほどまでの想いを断つ瞬間は

それまでのすべてを掛けられるような 

そんな決心がつくものなのだ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です