何も決められていないもう一つの世界 ZERO

10500385_1441033332838476_2212583110449448027_n分けられるものは何もありません。

私達がしていると思っていることは 無から空間に現れた表現で

私がしていることは何もなく 主語の 私は とか 私が とか 私なら とか

あれとか これとか 誰とか 自他という分離や分裂といった分けられるものはありません

肉体というボディースーツの五感が 自分と他に分けるリアルな感覚反応はありますが、五感の触感が失せたとき、「私」というリアリティーは消滅し、あっという間に個人世界はこの世から消えます。

つまり、「私」個人に起きるリアル感、現実空間に留まっていると錯覚する原因は「感覚反応」だけだということです。

何かを掴む、何がにしがみつくことに私達は慣れてしまっていますが、その行為は自由とは全く真逆なもので、ゆえに、私という存在の消滅を人は怖がり、方法や教えに従う習性があるのです

つまり、感覚の死・自己の死の恐怖は 分離・分断からの解放であり、同時に自由・解放への入口でもあるのです。


lgf01a201405280900死=解放と言われると、生きているうちの解放(悟り)はないのだとガッカリするかもしれません。

ですが、初めから個人はなく全体でしかないという観点から言えば、すでに全体であるところから解放されるものはなく、ガッカリする観点は個人または分離意識からくる捉え方ということになります。

あえて、個として解放を探してみるなら、それは、寝ているときや 何かに没頭しているとき、それらから解き放たれたとき、大笑いしているとき、そういうときは私も、他もなく、肉体や心、あらゆる区別や意味や境界など観念が無くなるものです、これが日常で起こりうる、ちょっとした解放です

しかし、私達は「些細なこと」ぐらいに考え、感覚的幸せやリラックス=解放を頭で打ち消して気にもとめません。

心と体、内と外、私と何かに仕訳し過ぎて 逆にもう一つの現実を見えづらくしてしまっているのではないでしょうか?


例えば

img_622021_58367348_1全体性=一元性が、程よい微温湯で、主体(私)と客体(あなた・物質・出来事)の二元性を熱湯としましょう

微温湯は湯気も立ちませんが、熱湯は湯気もモクモク、グツグツと沸騰しているでしょう

一元性=ZERO世界は分けられるものを持たない「全体性=全て」です。

勿論、私も全体の一部ではなく、初めから全体ですので、私はなく「私」は概念でしかないのです。

全体からアイディアが湧き、それが強い意思を持つ情熱という熱エネルギーに変化したとき、グツッと気泡が現われ、弾け、現われ、弾け、の繰り返しが起こる感じです(※あくまで例えですが・・・

やがて、情熱に陰りが射すと、熱は下がり 微温湯になる。

全体におけるアイディアの表れはエネルギーの表れ、個人では表現力と言い換えることはできますが、個々がこの繰り返しをしているワケです。

gf01a201502271600体のメカニズムにおいて脳内は自分が行動しているヴィジョンが後頭葉に映し出されますね、その感覚と同時に思考が学習・成長過程=時を通して幸不幸や優劣・成功失敗を学び、総じて不幸を避けるストーリーがBestと捉えます。

そのストーリーを元に個人のリアルなドラマ=Episodeをプランニングします。

人の幸せの形・ヴィジョンは、次のようなものです。

必要なことが、必要な時に、必要な場所で、必要な人と、ベストに起きるといったドラマです。

そうドラマをプランニングしている無意識がポジティブ信仰による幸・不幸で、そこから外れることを人は必要以上に怖がりますし、一度した失敗を引きずれば自己否定を繰り返すようになります。


napierでは、今に起こり得ることが起こり、起こらないことは起こらない。そして、それは湧いてくるアイディア、Episodeであって、究極、私(個)が決めて起こったことではない全体の表れということをお伝えしています。

過去も未来もなく、今、今、今の真新しい新鮮な経験だけであり過去に遡った同じような経験はひとつとして起こっていませんし、未来を夢や希望を持ってプランニングしても、その先の答えなど決まっていない。

けれど、迷える人は未来に答えを見出したいので、枝葉のように意識が分散し、気持ちが散漫になり、この意味が受け入れづらくなります。

それはその方の「もっと良くなるべき」というポジティブ信仰から発生するアイディアで、落ち着いて聞くことが出来ない、「もっと良く=もっと欲」起こらないことを起こそうとする自力戦闘態勢にある方には、これらは役に立たないメッセージに聞こえるかもしれません。※創造現実の中では・・・

けれど、先を自分でコントロールすることは誰にも神様にも出来ません、決められることはおおよその方向性だけ結果は約束されたものではなく、そこに幸不幸のゴールもありません。

決められたレールに従うも抗うも、こうしたい!というトキメキに人が惹かれるのも、私や誰かがコントロールできると思い込んでいるからです。

思いのまま人生をコントロールできる人生は安心で楽しいドライブですが、予定通りは、スムーズ過ぎて、退屈が今度は悩みになってしまうでしょう。

いずれにせよ、人は必ず捜し求める性がある生き物です。

情熱は全体から生まれているエネルギーですので、現代の価値観と比較・評価というフィルターを通すと、人体のメカニズムを動かすエネルギーは熱を持ち、個人の興味、問題意識、そして向上意識が個を強める表現になります。

現実で「私」が現われるのは、個の熱エネルギーが上昇した時

全体性の中に熱を持つと、創造現実の中では人間、動物、植物、テーブル、椅子など創造されたエネルギー体として出現するワケですが、熱があるから生き、熱が下がれば死を迎えることも自然の理ですね。


人からみた視点・世界は、全体からズームインすればポコポコと気泡が立っているようですが、個からズームアウトすれば全体しかありません。

gf01a201306252200これをダイナミックに個から周辺、周辺から日本、日本から世界、世界から地球、地球から宇宙と無限に広がるイメージをしてみて下さい。

それが、全体性=一元性を言葉でイメージできる表現かもしれません。

また、逆を辿ったとしても人体のミクロの世界へダイブしては小宇宙へ還る道筋になります。

何かを起点に広がりを辿っても、その先にあるのは、果てしないエネルギーの拡大と縮小、アセンションとデセンションのエネルギーの繰り返しで、どこを取ってもスタートでありゴールです。

拡大や広がりといった意識こそ「全て」を感じ取っている感覚で、人は感じることでエネルギーは高まり広がりを見つけ、思考することでエネルギーは失っていく質を持っています(どちらが良い悪いの話ではありません)

地球に住む人々は判断し答えを出すことが賢いと思っていますし、正しいことが重要だと思っています。(その考え方も必要なことですが)

文化秩序を保つには、個の進化成長を社会へ還元することが善行となり、それが出来なければ迷惑を掛けずに生きるのが人道といった道徳観を教えられます。

その正しさというマニュアルの教え通り、人は道を外れること、失敗という概念を極度に怖がります。

それが悪いワケでも良いワケでもありません。

その道を進み個を強めるエネルギーが「生きている」と実感する在り方であれば、熱い熱いエネルギー、情熱ということなのですから、それもグツッと湧いては消えゆくのみです

人生はエネルギーの表現、それに尽きEpisodeは全体のアイディアの表れ、分離、分断、切れ目、自他はマボロシで、創造現実のEpisodeはエネルギーの表現です、ただただ、その全体の表れ、全体が宇宙空間のように漂っているだけです。


なにもかも、全てが表現でエネルギーです。

gf01a201308310800あなたがしているようで していない あなたが無いということはどういうことか
あなたが判断して生きているようで あなたが判断して生きてはいないということがどういうことか

それは、生まれ出た時、息を引き取る時 個人の判断でそれが出来ないというところを無視しないで頂きたい

その生死の瞬間さえ、命がどこから来て、どこへ行くのかも、自分でコントロールできるものではないことを「個人と生命」に向き合おうとしない人々は理論で論破しようとします。(でも、いずれは向き合わなければなりません)

今でも生命が精子で造られるものか、卵子で造られるものかすら分かっていません。

人知や個人で「生=life」を決められるものは 初めから無かったのです。

個人は五感からくる感覚と、私という観念・概念の世界が成立する現実の中に自らを閉じ込め、もう一つのなにも決められない世界があることも、また事実で、薄々気づいているのに見ようとしません。

それは私の存在自体を否定することに繋がると無意識に恐れているからです。

私もあなたも全体の中から湧いて出たアイディア、毎瞬、溢れ出ては消えるエネルギーで、何かを我が物=永久所有にしておくことは誰にも出来た試しがありません。

lgf01a201412240400変化だけが絶対 ゆえに、決められていることはありません。

そこに引き寄せの法則や 幸せの法則や 身も心もヒリヒリするような痛い出来事の不運の連続があっても、それは全体の表現であること、そのアイディアを個が所有しようとすればEpisodeになります。

それすら全体からすれば消えてなくなる表れで、現実の善悪など相対から生まれる幸不幸の観念から出る主観ですらアイディアで、人の思考からくる結論とエネルギーの表れは全く関係ありません。

 


ZEROの世界を詳しくお知りになりたい方はこちらからどうぞ。

SS1ベースZERO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です