生モノ

人に触れたいとおもいながら

人が期待しているものと必ずしも一致しないのが

気持ちとか感覚とか 心と言われる

目に見えない世界のもの

人は見たままに一喜一憂して忙しいけれど

その忙しさは心が創り出しているストーリー

そうやって、ストーリーをつぎはぎして

昨日も 今日も 明日も 明後日も

時は地続きだと思っているけれど

でもね 時は一直線ではなくて

360度全方向へ放射している一時を捕まえて

自分のステージにする情報

一秒一秒が 見える世界の現実に

生を受けて誕生した生モノなんだよ

昨日のように今日も死んだように生きるのか、、、

とボヤきながら生きる人を見るたびに

バグを起こしている人がいるんだね、、、と感じる

一秒が生モノなら、今いるあなたも実はさっきと違うあなた

情報しか存在しないこの世界は常に上書きされているということに

そろそろ気づいた方がいいと思うけどな

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です