深く広く大きくことを観よう

今、世界は、新型コロナウイルスが
本当に人類を脅かすほど危険なウイルスなのか、
という論点もなく

危機感という感情論だけが先行して
核心をついた話が取り上げられていません。

例えば、毎年毎年、
インフルエンザで日本国内だけでも
約1000万人が感染し、1万人が亡くなります。

世界では毎年、
何十万人もの人がインフルエンザで亡くなっています。

また肺炎については、日本国内だけで毎年、
10万人を超える人が亡くなっています。

一方、2020年4月2日時点での
新型コロナウイルスによる世界の感染者数が約93万人。
死亡者数は、約4万7千人。

今後、いくら感染数が増えるとしても、
致死率も、合計の死亡者数もインフルエンザや肺炎の
死亡者数を超えるとは考えにくいわけです。

また、今後、ウイルス検査(PSR検査)の検査数が増えて
新型コロナ感染の陽性診断が出た人のうち、
軽症の人や症状が出ない人まで感染者数にカウントすると、
致死率はさらに低くなっていくわけです。

ところが、いま巷では、
「謎のウイルス」「戦後最大の人類の危機」
というこの一点だけで、
新型コロナウイルスを制圧しなければ、人類が危ない!
という世論だけがすごいボリュームで拡散されて耳を塞ぐことも出来ません。

毎日毎日、まるで洗脳です。

「感染を防ぐ」 「弱者を守る」 「国民を守る」

「目に見えない敵に向かって世界が力を合わせて悪を撲滅する時だ!」
(あれ?ISISの時もテロの時もそうじゃなかったですかね?)

という論調で、
どんな副作用があろうともコロニーのような施設に症状別に隔離

謎のウイルスに試し試しの投薬医療がまかり通っている状態なのです。

このような状況ですから、
病院でウイルス検査を受けて、
一旦、新型コロナ患者に認定されてしまったら、
後はどんな処置がされるかは、個人レベルではなく国家、政策次第です。

冷静に考えてみて下さい。

マスコミや世論が感情論の批判に終始すれば
どうなるでしょう?

中国はたった2ヶ月で経済も社会システムも崩壊しました。

 
【NTD北京、2020年3月31日】
 
公式データを専門とする民間学者「オールドマン」は
日曜日にWeiboに投稿し、現在の仕事の再開率によれば、
指定されたサイズを超える産業で失業しているのは
約500万人だけであり、中小企業の2000万人は仕事を再開していません。
サービス業界全体の再開率はさらに低く、
50%にも達していないため、50%と計算しても、
1億8500万人が仕事を再開していません。
その結果、全国で約2億人がまだ仕事に戻っていないか、
仕事を失っています。
 
**********************

今、マスコミは
マスク2枚!ジョーク!?と言って
政権を叩いていますが

誰が見てもジャマされているんでしょうね。

普通ならこんなこと国民がどうみるか
頭があるならわかること。

花見をした夫人も話題になっていましたが
あれは今年だったのでしょうか?
それも怪しいところです。

ジョークのような発表をする事が現時点でどんな反感を招くか
分かっていてもこうするのは
コントロールがあるという事だからです。
(政治手腕は4流に成り下がったということではありますが)

国民にメッセージを出しているようにしか思えません。
だから、ちゃんと冷静に観ましょう。
ジョークのセンスが私達にあるなら
皮肉るセンスも正しく使えば表と裏が分かるというもの。

残念なことは
この騒ぎは立ち止まることもできなければ
すでに収束しないことは現時点で明白なこと

そして、更に言えることは

緩和された頃には、中国と同じで
ベースになる社会はそこにはないことです。

これまでの生きる環境が崩壊してしまい、
仮にそれが長引いてしまっていた場合

この病気とは関係なく
長きに渡り多大な人命が失われることになりかねない

マスク2枚を、それほど深く予測して騒いでいますか?と騒ぎを観ています。

そこまで見て日本が慎重なら、国民も慎重になるべきです。

何がどうなるのか日本だけ観ていては分かりません
あなたの目で深く広く大きくこの事を見極めて行って下さい。

本当に瀬戸際かもしれまんよ。

【鬼の居ぬ間に、ことは進んでいます】

イルカが陸に打ち上げられる事件はこれまで沢山ありましたが
原因は潜水艦のレーダー(電波)であることがよく話題になっていました。
この話は半信半疑ながら筋が通ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です