変化なら、化けるしかない。

スーパームーン
ブラッドムーン
皆既月食



24年ぶりのビッグな天体ショーの後
久しぶりのビックな浄化が身に起こっていて
スーパーしんどい時を過ごしていらっしゃる方も多いのでは?

私も人の事を思うよりも
自分に降りかかる事しか払う事が出来ないような
しんどい日々をここのところ過ごしています。

全ては自分の世界で起きること。

それを身をもって痛感しているワケですが
まぁいいや。で過ごせないくらい
超ド級の浄化がやはり十数年ぶりに来てます。

私の場合、
こうなれ。こうなるな。と思うと
本当になる。

ことネガティブな思いはドンピシャに叶うから
困ったりする。
ポジティブに使えばもっと違うカタチになるのにな
と思いつつ

このドンピシャ。結構、怖いもので
むやみにネガティブな事を思い浮かべられない
飛び道具を持っているような感じ。

例えば「アイツなんか死ね」と毒づくと
キレイさっぱり忘却の彼方へ飛ばした後、
死ぬような思いや出来事に遭遇していらっしゃった
事をのちに風の便りで聞く事が多く

怖、怖、怖。
自分で空恐ろしくなり、
思わない思わない思わない。
と普段は呪文をかけて仕舞っています。

ところが
今回の浄化はその封印が解けるほど
ビックでホットな日の連続で
本当に「御免なすって!」と謝らなければならない
不味い予感。。。

ホント、御免な。毒に当たった人。
(今、言っておく。)

で、これじゃぁ不味いって本当に思って
過去スピリチャルで出会った匠リストを眺め
「今連絡が取れるのは?」
と願をかけて、空-ZEROに投げて寝てみたら

翌朝、その中のお一人の匠から十数年ぶりに連絡がきた

まさに奇跡。

要件を伺ったのち、「実はご連絡しようと・・・」
かくかくしかじか。と近況と事情をお話すると
丁寧にお電話で対応して頂けたので

有難いな。と思いつつ、あることに気づいた。

あぁ~。アタシってイイ子ちゃんが板についてる
「かまぼこ女」なんだな~っと。

聞いている傍から「いやそこ違う」「そうじゃない」を
言えないでいる自分

それは100も承知だけど、
この感情はキレイごとでは納められない。

という気持ちがこぼれそうになった。
でも、相手の話を中断させる事ができない。

イイ女ならまだしも、イイ子が板についている女って
なんだか、モヤモヤしてヤ~な感じだ。

気持ちを消化できていない時は
藁にもすがる思いで出口を探したくなる

けれど「時薬」で心を落ち着けなければ
良薬が苦く感じることも、しばしば起こるもの
そんな時はザワつく心を一旦、落ち着けて
時薬をどう過ごすかが、その後につながる。

しかし、何でだろう?
子供の頃はイイ子でいる事が誉め言葉のはずなのに
大人になってイイ子でいる事が辱めを受けたような気になるのは?

いい気づき
ナイス気づき
わかっただけいいじゃん。

そんな結果論はタイムリーには出ない
通り過ぎ、振り返っての話である。

腑に落ちなければ経験にならないもの。

経験は裏切らない
辛いのも経験
哀しいのも経験
苦しいのも経験

しかし、
これらの経験は我慢で流すものではない
腑に落とす、腹に落とし込むために
どうしたら自分のチカラになるか
感覚と思考を使うのだが

そこには時薬という濃密な時間を掛けて
経験を実=身にする
自分の人生の時間割のひとつだ。

アタシはそう思いながら生きているし
そう思うえる人の方が、アタシは好きだ。

スピリチャルだからと納得を自分に迫らなくていい。
肩を震わせて怒ろうが
グシャグシャな顔して泣こうが
下向いて悔しがろうが
それがどうした、人っぽくてイイぢゃない。
それも人のチカラ、自分のチカラ。

そう!この浄化の荒波を越える兆しがみえてきたら
ちゃんと眷属が浄化と次のスタートの幕開けを見届けにきてくれた。

その眷属とは、クマンバチ。



窓を開けていたら二日連続で部屋に入り
羽音を立てて部屋を飛び回ると何事もなく
入ってきた窓から出て行った。

神社で蜂の羽音を聞くと、神の使者(眷属)が来たな。と
合図を貰って、ほくそ笑んむけれど

突然のドデカイ、クマンバチの登場に
ヒヤッとしつつ
現実にやられていた数日の幕引きだと
いなくなってからじんわりと感覚的に分かった。

これも不思議なのだが
数日前にこんな話に出くわしていた

松果体は光だけでなく音の影響をキャッチしている。


松果体を意味する
<第三の目>、<ホルスの目>、<ラーの目>は、
太陽の光に刺激を受けるだけではなく、
蜂の羽根の音、ハチドリの羽ばたく音に反応し、
松果体クレンジングが起きる。
    (出典 愛知ソニアさん)

シンクロに普段は驚きもしないけれど
次々に必要な情報とのリンクと気づきに
ハッとした。

松果体のクレンジングをする蜂の羽音
「蜂」が眷属とはエネルギーの観点からも
エジプトの歴史の上でも
そういう意味かと不思議なシンクロに納得させられる。

スピリチャルの感覚に目覚めたあの頃に
今回の浄化はすごく似ている
ここ数日続いていた悩ましい頭痛も消えていた。

この後は何が起こるのだろう
うんざりした現実を笑いに返る事ができるか

でも、この世の絶対「空-ZERO」は揺るがない。

なら、答えはどこにでもある
自分には見つけるチカラがある
この空-ZEROには答えがギッシリ詰まっている

この変化、どうせなら
化けるしかないよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です